これも全部あの夏のせい 8巻〜9巻ネタバレ

これも全部あの夏のせい

BSさんの描く漫画「これも全部あの夏のせい8巻〜9巻の配信がスタート。彼女であるスミレと別れる事を条件にさゆりと身体の関係を望む覚悟を決めた主人公の大吾。

8巻〜9巻ではさゆりとの関係はもちろん、大吾が1年半の交際をしたスミレに別れを切り出していきます。また9巻の終盤ではスミレとさゆりの過去の接点について重要な展開へ。

抑えきれない性欲に任せてスミレを裏切ってしまった大吾。2人は元に戻るのか…。それとも2人の交際はここで終わってしまうのか…動きのある注目の内容となっています!

ネタバレ前に試し読みしたい方は以下から
▼▼▼▼▼

⇒漫画「これも全部あの夏のせい」はコチラで無料試し読みできます!

8巻ネタバレ

8巻の序盤はさゆりとイチャイチャ描写。
遂にさゆりと合体。久しぶりのエッチに大吾は挿入して直ぐに昇天。飛び出す液体をさゆりの顔にかけるハプニングなどありながら、直ぐに2回戦へ突入していきます。

一度出したので息子をコントロールできるようになった大吾。2回戦でさゆりを満足させる事に成功。そしてエッチ終わりにさゆりが条件に対して釘を刺していきます。

翌朝に自分の前で別れ話を切り出して欲しいと…。

そして翌朝、朝食時に3人が集まります。さゆりの煽りもありながら別れ話を切り出そうとするも一歩が踏み込めない大吾。結局、スミレは食欲がないと言って自室へ戻っていきます。

さゆりからダメ出しをされ、今日中に別れなければ大吾に襲われた程にして社会的抹殺をすると脅していくさゆり(笑)

大吾はスミレを追いかけて遂に別れ話を切り出していきます。しかし、勘のいいスミレ。大吾がさゆりと寝た事を察知して告げていきます。それを素直に認める大吾。

ここで予想外の展開へ。
なんとスミレは大吾の過ちを許すと言い放ち、別れ話をこれでなかった事にすると言い出すのです。それではさゆりとの条件が達成できない大吾。真剣な眼差しで再び『別れよう』と告げていきます。

さすがにふてくされるスミレ。
別荘を出ていこうとしますが、大吾が止めて自室に引きこもる事へ。飲まず喰わずのスミレを心配する大吾でしたが、さゆりはスミレの心を見透かしていました。

そしてスミレの部屋の前で立つ大吾の下半身にイタズラをし始めるさゆり。気持ちとは裏腹に反応してしまう大吾の息子…。

9巻ネタバレ

スミレの部屋の前でイタズラされて興奮マックスの大吾。おっ始めていきます(笑)その声は引きこもっているスミレにも十分に聞こえる程…。

行為が終わった後に後悔する大吾。
再びスミレの心配をします。話がしたいとドアをノックすると扉を開けてくれるスミレ。その目には涙が浮かび上がっていました。

別れ話は承諾するから最後に一度だけ抱きしめて欲しいと言ってくるスミレ。

抱きしめていると反応してしまう大吾の下半身。それに気づいたスミレも少しイタズラ。すると大吾はスミレを押し倒して続きを行っていこうとします。

いつもなら拒絶される状況ですが、今回のスミレはしおらしく大吾を受け入れるような雰囲気。大吾もイケるのではないかと感じますが、肝心の部分でやっぱりストップが…。

その後、スミレの自室を後にする大吾。
吐き出せなかった性欲はさゆりへ。

そして翌朝、リビングで顔を合わせるスミレとさゆり。ちょっとしたマウント合戦が開始されていきます。

スミレはさゆりの身体に飽きたら大吾は自分の所に戻ってくると信じている模様。さゆりは自分と大吾の身体の相性は良いから早々に大吾は飽きないと主張。女の火花が散っていきます。

そんな険悪なムードの中、さゆりがスミレと接見した過去を切り出していきます。どうやら2人は過去に弁護士事務所で顔を合わせている模様。

さゆりは弁護士事務所でバイト。
スミレが何の為に弁護士事務所へ出入りしていたのか不明ですが何やら波乱の展開が示唆されて9巻は幕引きとなります。

これも全部あの夏のせい 8巻〜9巻の感想

これも全部あの夏のせい

今回はさゆりのサービスショット満載。
そして大吾が遂にスミレと別れて、さゆりのセフレになっていきます。また終盤ではスミレとさゆりの接点について仄めかす部分も…。次巻で明らかになってくるはず!

ここまでなだらかな展開が続いてきた「これも全部あの夏のせい」ですが8巻〜9巻で取り巻く人間関係に大きな変化が訪れてきました。

このまま波乱尽くしの展開であったり、ドロドロな人間関係になっていく事を期待!この作品はちょっと大人なラブストーリー。興味が出た人は是非、チェックしてみてください☆彡

この漫画は以下で無料試し読みが可能!
▼▼▼▼▼

⇒漫画「これも全部あの夏のせい」はコチラで無料試し読みできます!

ページの先頭へ