電子書籍ストアの選び方

電子書籍ストアは複数あり、用途に応じた使い分けも可能です。ここでは様々なシチュエーションをイメージして用途に応じた最適な電子書籍ストアの目安や選び方の基準を紹介していきます。

もし自分の考えていたこと、状況に合致した項目があれば参考にしてみて下さい。

電子書籍ストア選びの基準
  • 欲しい書籍の取扱がある
  • メインとなる視聴環境を明確にする(PC、スマホなど)
  • 無料コンテンツが豊富
  • 自分にとって使い勝手が良い
  • キャンペーンや割引サービスが多い

基本的に読みたい書籍の取扱がないストアを選ぶ必要はありません。必ず自分が欲しい書籍を取扱しているストアを選ぶようにしましょう。

また電子書籍をメイン視聴するデバイスも大切。電子書籍ストアの中にはパソコンからの閲覧に対応していないストアもあります。

無料コンテンツ。主に漫画ですが無料漫画が多いほど多くの作品に触れて新しい漫画との出会いがあります。暇つぶしにも最高なんですよ(笑)

最後はお得に電子書籍を買うためにキャンペーンや割引を頻繁に行うストアを選ぶのが最良です。

シチュエーション別のおすすめ電子書籍ストア

個人的にですが各シチュエーションに応じたお勧めの電子書籍ストアを選んでみました。(思いついたシチュエーションが増えれば随時、追記していきます)

自宅や会社のパソコンから電子書籍を読みたい

この場合は電子書籍の閲覧がパソコンに対応したストアを選ぶようにしましょう。電書ボックスで紹介しているストアでは「BookLive!」「eBookJapan」「Renta!」がパソコンから無料漫画や購入した漫画を読むことができます。

マルチデバイス対応なのでパソコンからだけでなく、スマートフォンやタブレットからも読むことができます。

無料漫画を多く読みたい

電子書籍ストアは無料漫画の配信も行っています。意外とこの無料漫画コンテンツは重要。無料で読んで続きが気になったから続きを購入することがザラにあります。

あと面白そうだなぁ〜なんて感じた漫画も無料ならシリーズを集めていくかの判断材料になります。

無料漫画を多く読みたい場合は「eBookJapan」「まんが王国」がお勧めです。eBookJapanは1万冊近くが無料試し読みの対象です。まんが王国は常時2000作品が無料試し読みの対象作品となっています。

とにかく安く電子書籍を買いたい

電子書籍ストア「BookLive!」を選びましょう。ここは不定期に割引きクーポンの配布。毎日引ける割引クーポンガチャがあります。

クーポンガチャでは10%〜20%の割引クーポンが高確率で当たります。買い物の都度毎に利用ができるのでお得です。

例えば1万円分の電子書籍を買い、10%OFFクーポンが当たったとします。クーポンを適用させれば会計は9,000円となります。ポイント還元の電子書籍ストアより圧倒的に安く電子書籍を購入することができます。

ページの先頭へ