エッジ~彼氏の女友達~ 13巻ネタバレ

エッジ〜彼氏の女友達〜

青咲るそう先生が描く三角関係の歪なラブストーリーサスペンス漫画「エッジ~彼氏の女友達~第13巻をご紹介。

今回の見所はヒロインである真波がクズ男である勇樹の鼻をへし折っていく場面ではないでしょうか。

勇樹と交際して聖華と出会って様々な体験をして強くなった真波。別れたはずなのに受け入れる事ができない勇樹は徹底的に真波に執着。そんな彼に痛恨の言葉を伝えていく様は必見の内容になっています!

ネタバレ前に試し読みしたい方は以下から
▼▼▼▼▼

⇒漫画「エッジ〜彼氏の女友達〜」はコチラで無料試し読みできます!

※移動先の電子書籍ストア「BookLive!」にて取扱い、試し読み可能。作品が見つからない場合はストア内の検索窓に「#エッジ」と入力して絞り込み検索をすると素早く作品を表示してくれます。

父を利用して冷たい目をした元彼氏が登場!?

勇樹と別れて、一人暮らしを始めた真波。新居での生活にも慣れて表情も明るくなっていた。同僚の大山や成田も当初は真波を心配していたが、明るくなった真波を見て冗談を交えて談笑していく。

そんな中で真波は自身のこれからについて吐露。

当面、誰かと恋愛する事は頭に入れておらず、自分と向き合っていき、一人暮らしを謳歌する事を表明していきます。

そんな中、仕事終わりに父親からメッセージ。週末に行くから時間を作って欲しいと頼まれる真波。既に引っ越しの荷物も片付いていたのでOKサイン。

そして週末。
土曜日に父は待ち合わせ場所としてホテルのラウンジを指定。いつもはファミレスばかりなのに今回はかしこまった場所に呼ばれた事に違和感を覚えていきます。

指定されたホテルのラウンジに顔を出すと…そこには父ともう一人、よく知る顔の男性が待っていました。

『真波』

驚く真波。
父と共にいたもう一人の男性は勇樹だったのです。笑顔だけど笑っていない目で真波を見つめる勇樹。

ナメてる元彼氏に覚悟の○○!

勇樹は真波の父親に連絡。上手く丸めこんで今回の場をセッティングしてもらっていたのです。

『どうして勝手にお父さんに連絡したの?』

静かな怒りを露わにする真波。
勇樹は真波と連絡する術がなかったから仕方なくのことである説明。真波パパから励ましてもらった事も説明する勇樹。そして真波の手を握りしめて勇樹は伝えていきます。

『真波が望むなら俺は生まれ変わるよ…なんでもする覚悟はできてる』

またやり直そうと乾いた笑顔で真波に伝えていく勇樹。

『私を幸せにできるのはあなただけってこと?』

満面の笑みを浮かべて『そうだよ』と答える勇樹。
真波の潤んだ瞳を見て彼女が落ちたと察知してニヤリと笑う勇樹。しかし、次の瞬間…ブハッと乾いた笑いして、勇樹の手を振り解く真波。

笑顔で「ナメるな」と勇樹に伝えていく真波。そして父に巻き込んでしまった事を謝罪しつつ、これで終わりにすると口に出していく真波。

彼女はホテルのラウンジで覚悟の土下座をしていきます。

『今後、私の一切に関わらないでください』

あなたが心の底から必要ないだけ…!

真波の土下座によってざわつく周囲。

周りから見ると勇樹が真波に土下座させていると捉えられて陰口の標的は勇樹へ。屈辱を味わって辱めにあう勇樹。

しかし、すぐに冷静を取り戻して真波の土下座をやめさせようと対応していきます。それでも「消えるまでやめない」と答える真波。

勇樹はドラマのシーンをやってみたくて楽しんでるんだろ?悪者に仕立てて仕返しのつもりなのか?と尋ねていきます。

『ううん…もうあなたが心の底から必要ないだけ』

完全に自分の人生において勇樹といった存在はいらない事を告げていく真波。父親も今回は引き取ってもらおうと勇樹に声をかけようとすると…。

『…クソが…』

そのまま立ち去っていく勇樹。
その後、プライドを傷付けられた勇樹。真波への怒りが増幅していきます。ここで第13巻は終了。

エッジ~彼氏の女友達~ 13巻の感想

エッジ〜彼氏の女友達〜

痛快で爽快だった第13巻。
綺麗に勇樹の鼻をへし折ってくれた真波であったが、まだ真波に執着する気概を見せていく勇樹。

次は聖華と真波のコンビでクズ男である勇樹の鼻をへし折ってもらいたものである。

いよいよ物語も佳境といった所。
クズ男最後の悪あがきを回避して真波や聖華は幸せを掴む事が出来るのか…。ラストも注目の漫画です。興味が出た人は是非!

この漫画は以下で無料試し読みが可能!
▼▼▼▼▼

⇒漫画「エッジ〜彼氏の女友達〜」はコチラで無料試し読みできます!

※移動先の電子書籍ストア「BookLive!」にて取扱い、試し読み可能。作品が見つからない場合はストア内の検索窓に「#エッジ」と入力して絞り込み検索をすると素早く作品を表示してくれます。

ページの先頭へ