エッジ〜彼氏の女友達〜 7巻ネタバレ

エッジ〜彼氏の女友達〜

青咲るそう先生が描く昼ドラのようなドロドロとしたラブストーリー漫画「エッジ〜彼氏の女友達〜」最新刊となる第7巻が配信スタート。

今回の内容は主に聖華と勇樹の大学時代編となります。

本当の勇樹の姿を知る為に元カノであった聖華に過去の勇樹がどんな男性だったのか全てを洗いざらい語ってもらう事を決意する真波。

聖華の口から語られる本当の勇樹の姿とは…物語の核心に迫る注目の内容となっています!

ネタバレ前に試し読みしたい方は以下から
▼▼▼▼▼

⇒漫画「エッジ〜彼氏の女友達〜」はコチラで無料試し読みできます!

※移動先の電子書籍ストア「BookLive!」にて取扱い、試し読み可能。作品が見つからない場合はストア内の検索窓に「#エッジ」と入力して絞り込み検索をすると素早く作品を表示してくれます。

最初の印象は最悪だった!?

尋ねてきた聖華を自宅にあげて二人の過去を洗いざらい語って欲しいと懇願していく真波。

聖華は勇樹との出会いから交際までを明かしていきます。

スノボサークルの幽霊部員であった聖華。気まぐれで参加した飲み会にて勇樹と初対面した事を明かしていきます。

酔っ払ったメンバーの1人にウザい絡み方をされていた聖華。そこへ助けに来たのが勇樹。イケメン好青年だった勇樹に心の中で合格点を出す聖華でしたが、対面した勇樹は衝撃的な一言を浴びせていきます。

『その作り笑い、俺キライだからしまっといて』

顔面偏差値が高いので笑顔でいればチヤホヤされていた聖華。どんな状況でも作り笑いで愛想を振りまいていましたが、勇樹は聖華の魂胆をお見通し。

一瞬で勇樹に対する印象が悪くなっていく聖華。

サークル飲みの一次会が終わると勇樹は用事があるといって退散。一方、聖華は二次会へ参加する事へ。

印象最悪の男に引き出される笑顔…

二次会へ参加するも勇樹から浴びせられた一言が心残りの聖華。1人夜風に当たりながら物思いにふけっていると偶然にも勇樹が二次会会場近くに現れます。

二次会より嵌っている夜釣りを優先していた勇樹。

外で退屈そうにしていた聖華を一緒に誘っていく事へ。釣りを通してお互いの印象を変えていく二人。

勇樹は釣った魚を捌いて食べさせてあげるからと自宅に聖華を誘っていく事へ。今まで男性と違う勇樹に少しずつ興味を抱いていく聖華。

この日を境に二人は交際。恋人関係へ。以降の交際は順調。聖華の中で勇樹の存在が大きくなっていき、ずっと彼と一緒にいる事が聖華の将来設計に組み込まれていきます。

本性を現す最低男の片鱗…!?

交際は順調でしたが、勇樹が就活を始めるとすれ違う日々が始まっていきいます。不安になっていく聖華。

そんな中、勇樹が父親と電話で会話する一幕が描かれていく事へ。

父親から彼女の存在を尋ねられる勇樹。可愛い彼女がいる事を伝えていきます。連れてきて紹介しろと言われたのでしょうか…。次の瞬間、勇樹の口から衝撃の一言が…。

『連れて行かないよ。大学用の彼女だし』

同時に聖華が気に入っていた花束をゴミ箱に捨てていく勇樹。彼にとって聖華は大学までの彼女である事が判明。また聖華には見せていない裏の顔が覗かれていきます。

その後、勇樹宅に訪れる聖華。
捨てられた花束を見てショック。そして笑顔で『そんなのいらないじゃん』と口に出す勇樹に少し恐怖を覚えていく事へ。

場面は真波に語っていく聖華。
涙を零しながら二人の関係が大きく崩れていく出来事を語っていきます。

再び過去の回想。
ポットが床に倒れており、床に突っ伏す聖華。彼女は必死で勇樹の名前を叫びますが、バツの悪そうな顔をしながら立ち去っていく勇樹の姿が…。

ここで7巻は幕引き。次巻へ続きます。

エッジ〜彼氏の女友達〜 7巻の感想

エッジ〜彼氏の女友達〜

元カノである聖華の口から明かされていく真波が知らない勇樹の素顔。聖華は大学時代だけの遊び彼女だったのか…。

そして聖華のお腹にある火傷のような痛々しい傷跡。

恐らく7巻の最後に描写された出来事が関係しているはずですが、一体何が二人の間で起こったのか…。

全てを知った真波と知られた勇樹の関係は今後どのように変化していくのか。まだまだ読み応えたっぷりの出来事満載でこれからの展開が楽しみです!

ドロドロしてエグい昼ドラのようなラブストーリー漫画が好きな人にイチ推しできる作品。興味が出た人は是非、チェックしてみてくださいね!

この漫画は以下で無料試し読みが可能!
▼▼▼▼▼

⇒漫画「エッジ〜彼氏の女友達〜」はコチラで無料試し読みできます!

※移動先の電子書籍ストア「BookLive!」にて取扱い、試し読み可能。作品が見つからない場合はストア内の検索窓に「#エッジ」と入力して絞り込み検索をすると素早く作品を表示してくれます。

ページの先頭へ