いじめるヤバイ奴 5巻ネタバレ

いじめるヤバイ奴(5巻)

いじめられる側がいじめを強要しているといった不思議な世界観を示す漫画『いじめるヤバイ奴』待望の新刊となる第5巻が登場。今回から4巻で示唆されていた通りに本格的な生徒会との全面対決になっていきます。

主人公である仲島はクラスメイトの女子・白咲さんから自分をいじめるように強要されている男子生徒。白咲さんが満足いかない苛めをしようものなら命の危険が伴うお仕置きをされる運命に…。

そんな中、徐々に本性が暴かれていく生徒会の裏の顔…彼らは表向きは風紀を取り締まる正義の味方ですが、裏では弱者を徹底的にいじめて奴隷にしていく苛め集団だったのです。

5巻ではそんな学校の巨悪と主人公の仲島が闘わざるを得ない状況へ進行していきます。

生徒会の陰謀を知って、今まで敵対していた同級生と一致団結。学校の巨悪の悪事を暴く為に活動していきます。

ネタバレ前に試し読みしたい方は以下から
▼▼▼▼▼

⇒漫画「いじめるヤバイ奴」はコチラで無料試し読みできます!

二面性がバレる!?

まずは緑田と仲島のエピソード。いじめを仲島に救ってもらい、彼の事を騎士様と崇拝する緑田であったが白咲をいじめている現場に遭遇。彼の二面性を見て不信感を抱いていき、白咲に接触を図っていきます。

白咲との関係を聞こうとすると田中が乱入。白咲への心配心を見て、緑田は訳のわからない解釈をしていく事へ。

仲島の白咲いじめは田中に白咲を守らせる為に自ら悪者になっていると解釈。より仲島への好意が膨らんでいく事へ。

生徒会に狙われていく偽りのいじめっ子

緑田の天然ぶりが発揮されながら物語は核心へ迫っていきます。いじめを仲裁して成敗する敏腕生徒会副会長を見込んで田中が仲島を成敗するように依頼。

最初は断るつもりであった生徒会ですが、相手が仲島だと知って田中の依頼を承諾する事へ。

生徒会が依頼を承諾した理由…仲島の派手ないじめの噂を聞きつけており、仲島のせいで教師の目が厳しくなった事に迷惑をしていたから。

ここから生徒会の仲島を貶める策略が開始。
文化祭の一大イベントであるミスターコンテストにて仲島の悪事を観衆の前に暴露しようと企んでいきます。

生徒会の目的は仲島を徹底的に悪者として扱って自分達の正義の評価を上げること。そうなれば裏の顔が闇に紛れて、さらに自分達のいじめがやりやすくなると考えていました。

生徒会の陰謀を知って水面下での競り合いが開始!

さらに生徒会は仲島を嵌めつつ、依頼してきた田中を自分達の奴隷にしようと企んでいました。この生徒会の計画を盗み聞きした加藤。

友人である田中を助けたい為、仲島に強力を要請していきます。

自分も陥れられようとしている事を知った仲島。加藤の提案に乗って敵対していた二人が一致団結して生徒会を叩き潰す事を決意。

まず仲島は白咲いじめの証拠映像をあえて生徒会に盗撮させていきます。証拠ができた事で文化祭まで安心しきっていく生徒会の油断を誘って逆に生徒会のいじめ現場を盗撮しようといった魂胆。

しかし、仲島の作戦はもろくも失敗に終わっていきます。

生徒会が作り上げたいじめ奴隷かつ見張り役である生徒が優秀過ぎて生徒会室まで近づく事すら出来ず…。

作戦の練り直しを加藤と相談。
そんな時に二人の会話を偶然聞いていく青山。愛する仲島の為に力になろうと単独行動。優秀な見張り役の生徒を物理的に排除した青山は生徒会のいじめ現場の盗撮に成功。

証拠映像を仲島に受け渡していきます。
取り敢えず青山のおかげで生徒会と闘える武器が揃った仲島達。

生徒会の正義を信じている田中にもいじめの証拠映像を見せて仲間に引き入れる事へ。

権力で牛耳る生徒会の凶悪な力…

文化祭で生徒会への摘発に向けて着々と準備を進め、白咲にも報告していく仲島。すると白咲から意外な言葉を伝えられる事に…。

『2日間だけ、いじめを休んでいいよ』

意外過ぎる言葉に不安を抱きつつも、白咲は学校を2日間休む用事があった為、仲島の白咲いじめは休暇へ。最高の幸せを噛み締めつつ、文化祭に向けた準備も進めていきます。

まずは音響係の生徒の弱味を握った仲島。彼を脅して文化祭当日に指定の動画を流すように圧力をかけていきます。

しかし、音響係の生徒は仲島ではなく生徒会へ寝返って、仲島が生徒会を摘発しようとしている事実が伝わってしまう事へ。

いじめ動画も撮られている事を知った生徒会。
副会長は持てる権力を駆使して仲島から動画を回収。クラウド上に保存してあったデータも削除されて生徒会と闘える武器を失ってしまう事へ。

何とか生徒会の暴力的一面を引き出そうと代替案を出していく仲島。それは生徒会の喧嘩っ早い生徒を挑発して自身が暴力を受けている場面を加藤達に撮影してもらう事でした。

しかし、仲島の手の内を呼んでいた生徒会。仲島の計画は失敗。このままでは生徒会と闘えない事に頭を悩ませていきます。

白い悪魔の過去が判明していく!?

八方塞がり状態の仲島…そんな中、学校を休んだ白咲は田舎の駅に降り立っていました。

田舎にて友人らしき女子と待ち合わせしていた白咲。『思い出の場所』へ足を向けていきます。ここで5巻は幕引き。

ちなみに次巻予告にて遂に白咲の過去が6巻で明らかになる事が示唆されていました。

いじめるヤバイ奴 5巻の感想

いじめるヤバイ奴(5巻)

腐りきった学校…そしてヤバイ奴しかいない学校…。頭のキレる生徒揃いの生徒会に仲島は打ち勝つ事ができるのでしょうか。

最終的に白い悪魔が生徒会の面々を叩き潰す可能性もありますが…(笑)

今まで敵だった加藤や田中も仲間に加えて、盛り上がりを見せてきた中村なん先生の描く『いじめるヤバイ奴』際どいテーマですが、所々にコメディ要素も盛り込まれており、シリアスになっていない部分が魅力ではないでしょうか。

修学旅行編が終わって、新たな章となる生徒会編がスタート。個人的に白咲にやられて毒気の抜けた加藤がジワジワと笑いを誘ってきてくれます。

生粋のいじめっ子が友人想いとなり、だいぶ丸くなっています(笑)テーマは強烈ですが読んでいく内に独特な世界観が癖になる作品。興味が出たら是非☆彡

この漫画は以下で無料試し読みが可能!
▼▼▼▼▼

⇒漫画「いじめるヤバイ奴」はコチラで無料試し読みできます!

ページの先頭へ