娘の友達 4巻ネタバレ

娘の友達(4巻)

萩原あさ美先生が描く禁断のラブストーリー漫画「娘の友達」最新刊となる第4巻。今回で完全に主人公・晃介の娘である美也に古都との関係がバレてしまう事態へ。

課長と父親の板挟みで苦悩していく晃介。さらに美也の家出によって精神的にも肉体的にも限界を向かえ始めていく。

心の拠り所でもあった古都と会うことを止めていたが彼女の方もまた家庭環境に大きな問題が生じていく。

そして2人は再び出会って心を癒やされると共に4巻ラストでは古都の母親が2人の関係に気づいてしまう大問題が発生していく…。

今までの如く、手に汗握る展開の連続。本当に面白い漫画なので背徳…禁断のラブストーリーなんて言葉にピンと来る人は是非、チェックしてみてください☆彡

ネタバレ前に試し読みしたい方は以下から
▼▼▼▼▼

⇒漫画「娘の友達」はコチラで無料試し読みできます!

娘の友達(4巻)

27話ネタバレ

古都のバイト先前で揉める晃介、美也、本間、三崎の4人。そしてバイト終わりの古都が表に出てくる。騒然とした空気の中、笑顔で『どうしたんですか?』と語りかけてくる古都に美也が切り出していく。

美也は古都が気になっている男性と言うのは自分のお父さんではないかと尋ねていく。晃介の側に寄っていって『そうだよ』と一言。

美也は事実を知って古都に対して…おかしい…普通じゃないと語っていく。

『普通って何?』

彼女の返答に怒る美也。
いたたまれず美也は古都の頬を平手打ちしていく。晃介と古都以外は散り散りへ。娘に古都との関係がバレて廃人のようになる晃介。

『すべてが終わった』

そう感じていた晃介。古都との会話も空返事で答えていく。

28話ネタバレ

序盤は古都の家庭環境が明かされていく。古都の両親は関係は既に終わりに近かった。夫に執着する妻。そんな妻に愛想をつかして浮気相手のもとへ戻っていく夫。

古都と父親の関係もだいぶ冷え切っている印象が描かれてく。そして傷心する母親を笑顔で慰めていく古都。ただ、傷心している母親に優しくする古都はどこか嬉しそうな表情を浮かべていく。

会社では昨日の件を知っていると本間と対面。彼女は誰にも言いません。伝えてきてくれる。その後、古都からメッセージを受け取るが未読状態。

晃介は自宅に帰り、古都の連絡先、置いていったインスタンカメラを破棄しようとするが…最後の一歩で踏みとどまって息苦しさを感じていく。

29話ネタバレ

課長として今一歩、部下達に踏み込めず頭を抱えていく晃介。一方、古都。晃介に渡す予定だった手紙を破り捨てていく。

仕事終わり、晃介は美也の学校へ成績表を受け取りにいく。古都との関係がバレた一件以来、彼女はまた不登校をしている。

担任教師から家庭で何かあったのかと探りを入れられていく晃介。適当に誤魔化して教室へ。

古都の席にインスタントカメラを返そうとするが担任教師の目があって返す事が出来ず…。逆に怪しまれる事へ。

カメラを捨てようと考えるが晃介が出向いた先は写真屋さん。彼はインスタントカメラを現像しようと預けていく。そして後日受け取りに来る事を伝える。

30話ネタバレ

休日。晃介の自宅に両親が訪れてくる。美也の冷めた態度を見て母親は晃介の教育に問題があると指摘。また実家の酒屋を継ぐだの…継がないだのといった会話で母親から痴話喧嘩。

両親も帰って夜になる。
朝に美也と話し合う約束をしていた晃介。彼女の部屋に入って古都との関係を謝罪していく。

なんとか理解と納得をしようとする美也であったが、ここで晃介が引っ越しにまつわる話を切り出していく。

これが美也の気持ちを逆撫で…。
彼女は荷物をまとめて家出をしていく。

31話ネタバレ

美也が家出した事を重く受け止めていく晃介。後を追うように必死で美也を探していく。しかし、まったく見つからず…。

何とかGPS機能を利用して美也が渋谷駅にいる事を確認した晃介。連れ戻す為に渋谷駅へ。

一方の美也。
彼女は三崎に助けを求めていた。渋谷駅で三崎と合流した美也。三崎は美也の携帯の電源を落としていく。そして2人は渋谷の繁華街へ。

頼りだったGPS反応が消えてしまった晃介。とにかく足で美也を探していく。そして朝を迎える。美也は見つからず…。気がつくと7時過ぎ。この日、晃介は7時からイベント設営の準備が入っていた。

同僚からの連絡で我に返って大遅刻している事に気づいた晃介。同僚に『申し訳ございません』を連呼していく。

32話ネタバレ

美也は帰ってこず…会社では人事部から呼び出されて忠告。精神的に深くダメージを負っていた晃介。

牛丼屋にて幻影を見ていく。
そんな自分に対して『キモすぎだろ…俺…』と感じていく晃介。

また写真屋から現像できた写真を受け取りに来て欲しいと催促。彼は写真屋に足を向けていく。

33話ネタバレ

公園にて受け取った写真を眺めていく晃介。

古都との思い出が蘇ったのか…涙を流していく。そして古都だけが自分との思い出を宝物だと言ってくれた…としみじみしていく。

そんな中、似たような写真が2枚現像されている事に気づく。

一枚は晃介が撮っていた。
もう一枚は記憶になかったので古都も同じものを撮ろうとしたのだと考えていく晃介。それが妙に嬉しくて精神的に癒やされていく。

一方、古都の自宅。
彼女は母親から晃介宛ての手紙について問いただされていた。

古都が破り捨てた手紙を復元していた母親。古都は復元された手紙を奪い取って家から出ていく。

古都からメッセージを受け取った晃介。彼女が路地裏にいる事を察知。急いで向かっていくことへ。

34話ネタバレ

以前、一緒に猫を見つけた路地裏に座り込んでいた古都。バイト帰りなのかと尋ねる晃介。古都はバイトは辞めた事を伝えていく。

晃介は今日会いにきた理由を明かしていく。

それは古都に対する謝罪を言いたかったからである。口ばかりのことを言って御免と謝罪する晃介。

古都はバイトを辞めた理由を語っていく。
母親が絡んでおり、それを聞いた晃介はバイトを辞めた事は本意ではなかったんじゃないのか…またインスタンカメラを現像した事を伝えていく。

母親に対して思いを語っていく古都。『お母さんは…私がいないと寂しく死んじゃうんです』と意味深な言葉を告げていく。

晃介『でもお母さんは君の寂しさを埋めてくれるの?』

同時に古都の携帯に母親から着信が入る。それに気づいた晃介は古都の携帯を奪って着信を切る。そして彼女を抱きしめていく。

35話ネタバレ

スマホと写真を返していく晃介。座り込んで写真を眺めていく古都。

晃介は水族館デートした日の出来事を思い返して語っていく。そして古都からされた質問の解答をしていく。

『やっぱり俺には君は悪い子には見えないよ』

『頭をなでてもらえませんか?』

古都の頭をなでていく。
すると手を取って晃介の匂いを嗅ぐ古都。『晃介さんの匂い…』と呟く古都。その後、古都を自宅近くまで送る晃介。

自宅に母親がいなかった…。帰路につく晃介は美也からメッセージ。明日帰るとの連絡をもらう。そんな中、古都の母親と夜道で対面。

挨拶だけ交わして去ろうとすると下の名前を尋ねられる晃介。

市川晃介であることを伝えて2人はお別れ。古都の母親は写真に残していた手紙の宛名を確認。娘である古都と関わりがあることに確信を得ていく。

ここで第4巻は終了。次巻へ続く。

娘の友達 4巻の感想

娘の友達(4巻)

良い上司、良い父親になろうと板挟みに合う晃介が非常に痛々しく見える内容であった。また今回は古都の家庭事情も垣間見える形になっていく。

彼女は晃介に執着する理由は自身の家庭環境にあるのだろうか…。どうも自分の父親にはまったく感情を出さない雰囲気の古都。

本当に読んでいてハラハラ・ドキドキとする漫画。興味が出た人は是非、チェックしてみてください☆彡控えめにいっても神漫画です!

この漫画は以下で無料試し読みが可能!
▼▼▼▼▼

⇒漫画「娘の友達」はコチラで無料試し読みできます!

ページの先頭へ