生者の行進リベンジってどんな漫画?

生者の行進リベンジ

漫画「生者の行進リベンジ」は前作「生者の行進」続編となる作品。主人公は生者の行進で準主役的位置であった神原省吾が新作の主人公になります。

前作から舞台は数年後。
社会人になった省吾は教師としてある学校に赴任。そこで出会ったリカといった少女に悪霊が憑いている事を知っていきます。

彼女は呪いのお守りを持っており、それが負の感情を吸収して対象を呪い殺す事を突き止めていく省吾。

呪いの連鎖を断ち切り、想い人を捜索していく省吾の物語が続編となって開始されていきます!

この記事、執筆時点で生者の行進リベンジは電子書籍ストア「まんが王国」のみで先行配信中。気になった人は是非チェックしてみてください。

ネタバレ前に試し読みしたい方は以下から
▼▼▼▼▼

⇒漫画「生者の行進リベンジ」はコチラで無料試し読みできます!

※移動先の電子書籍ストア「まんが王国」にて取扱い、試し読み可能。作品が見つからない場合はストア内の検索窓に「生者の行進」と入力して絞り込み検索をすると素早く作品を表示してくれます。

生者の行進リベンジ 1話〜3話ネタバレ

1話ネタバレ

高架下にて1人の少年を苛める不良グループ。いじめられっ子の負の感情が高まっていくと背後から悪霊が出てきていじめっ子達に制裁を加えていく。

この事件は翌日、ニュースとなり警察の捜査も進められていく。

そんな中でリカといった少女がクローズアップされていく。目覚めると憂鬱なリカ。その理由は彼女も学校で壮絶な苛めを受けているから。

リカのクラスに新しい教師が赴任してくる。名は神原省吾。年齢は24歳。荒れているクラスに赴任することになる省吾。手始めにまったく話を聞かない不良生徒のもとへ足を向けていく。

そして感覚だけで力量差をわからせる行動を起こしていく。

クラスには強者先生といった空気が流れるが、リカだけは冷めていた。教師なんてどれも同じ。私を苦しみから救ってくれない…。エスカレートしていくリカへの苛め。

給食に虫を入れられたリカは遂に耐えきれなくなり、自殺をしようと学校の屋上へ足を運んでいく。

飛び降りようとする間際。
省吾が屋上に訪れる。そしてリカと会話をしていく。飛び降りた時の感触や体感などを具体的に語っていく省吾。横に飛び降りした幽霊がいて当時の詳細を事細かく聞いてリカに伝えていたのだ。

当然、幽霊など信じていないリカ。理解が追いつかず、自殺する気分が失せていく。そして省吾に悩み、辛さ、弱音を吐いていく。それを受け止めつつ、慰めていく省吾。

リカの背後に悪霊が憑いている事を示唆していく。

省吾が赴任するまでの過程が描かれていく。省吾ははとこで警視の笹塚から一帯で巻き起こる学生達の連続自殺未遂事件について相談されていた。

自殺未遂をするのは全員、いじめっ子である事。そしていじめられていた生徒に共通している事はお守りを持っていた事であった。

そしてリカもお守りを持っている事に気づく省吾。手渡し欲しいとお願いするもリカは省吾から逃げてしまう事へ。

教室に戻るとリカのカバンには雑草や虫が大量に入れられていた。精神的に耐えられないリカは学校から飛び出していく。そして親に相談。学校をしばらく休む事へ。

一先ず、苛めから解放される事になったリカ。しかし、彼女の怒りは苛めグループのリーダーである大山田乃亜へと向けられて憎悪が増していく。

すると、その夜。
リカの憎悪を吸収したお守りから悪霊が飛び出して、乃亜の自宅へと向かっていく。悪霊によって制裁を受ける乃亜。彼女は帰らぬ人へ。

省吾は笹塚から伝えられていなかったお守りの中になる白紙の件を聞かされていく。省吾の霊力で白紙から文字が浮かび上がっていく。そこには省吾も驚異を感じる言葉が記されていた。

2話ネタバレ

白紙を見て思ったよりもタチが悪い案件である事を察知していく省吾。まずは状況整理。お守りがいじめられっ子の手に渡ると負の感情を吸収して悪霊が呪いの力でいじめっ子達に制裁を加えていく事を掴んでいく。

そして白紙に記されていた文章から悪霊を生み出したのは苛めによって我が子を追い込まれた遺族ではないかと推測していく。

笹塚と電話していた省吾。
話が変わって省吾が探している女性「佐倉遥」の行方について伝えられていく。彼女は1年前に失踪。未だ手掛かりが掴めていない状況であった。

遥は省吾が唯一心を許せた女性。また好意を抱いており、アメリカ留学から帰国した時、省吾は告白を考えていた。しかし、遥には許嫁がいて告白も出来ず、遥との連絡が途絶えていく。

そして1年前、偶然にも省吾が怪我をして入院した病院にて再会を果たしていく。遥の彼氏につい悪い噂を耳にした翌日。遥は突然失踪していたのだ。

そんな省吾の背景が明かされた後、リカがクローズアップ。

学校を休んでいる彼女は気分転換に外出していく。公園に立ち寄り、昼食を食べて自宅に戻るリカ。その過程で公園に呪いのお守りを落としてしまう事へ。

一方、学校では乃亜の悲報が伝えられていく。そしてリカと対面をしていく省吾。乃亜が自殺した事を伝え、お守りが深く関係している事を伝えていく。

省吾の話を信じていくリカ。
お守りを省吾に手渡そうとするが…ここで初めて落としてしまった事に気づいていく。

懸念する省吾。
もしかしたらお守りが自分の意思でリカから離れたのかもしれない…。そして公園ではベンチに落ちていたお守りを拾う男子高校生。

3話ネタバレ

公園でお守りを拾ったのは惺流(しずる)といった男子高校生であった。女性っぽい仕草がある事から同級生達に嫌がらせや苛めを受けていた。

惺流に募っていく負の感情。
そして惺流に取り憑いていく悪霊。

省吾とリカはお守りを落としたであろう場所を散策していた。しかし、既に拾われているので見つかるはずもない。そこで省吾は一旦、リカを自宅に送り届けて、深夜1人で公園を訪れていく。

そしてベンチに横たわっていた酔っぱらいサラリーマンの霊から目撃情報を聞き出していく。不毛なやり取りがありながら、女性っぽい顔をした男性高校生が拾っていった事を掴む省吾。

一方の惺流は親に迷惑はかけられないと自力で苛めから脱出しようと試みていく。

ネットで拾い集めた苛めの対処方法を翌日から実践していく事へ。これが見事に功を奏して苛めグループから遊びの誘いを断る事に成功する惺流。

そんな中、苛めグループに属する女子生徒・莉緒が惺流に興味を持ち出して、彼を誘惑。自宅に招いていく事へ。

莉緒と体の関係を持ってしまう惺流。
初体験もあって自宅に帰ってから余韻に浸りつつ、翌日学校へ。

すると教室の空気が凍りついており、自分を見てくる視線が冷たい事に気づいていく。奥の席を見遣ると女子に慰められている莉緒の姿。

そして苛めグループの男子達に校舎裏まで連れて行かれる惺流。状況を知っていく。莉緒は惺流に襲われたと主張。一緒に撮った写真でデマ情報が拡散されていた。

仲間の女子が惺流に襲われたと本気で信じていく苛めグループ男子達。惺流を犯罪者扱いして校舎裏で惺流に暴力を加えていく。

第3話はここで終了。次巻へ続いていきます。

生者の行進リベンジ 感想

生者の行進リベンジ

前作である生者の行進もそうですが、ジワジワと恐怖が訪れていく感じが掴み取れて、物語が進む毎に面白くなっていく作品。

復讐執行人である悪霊を生み出した犯人。そして省吾が行方を探す遥。事件と遥に接点はあるのか…。まだ始まったばかりの作品で今後の展開は不明ですが、恐怖のサスペンスホラー漫画好きならチェック必須の良作漫画です!

気になった人はチェックしてみてください。ちなみに「生者の行進リベンジ」は電子書籍ストア「まんが王国」のみで現在は独占配信中です!

この漫画は以下で無料試し読みが可能!
▼▼▼▼▼

⇒漫画「生者の行進リベンジ」はコチラで無料試し読みできます!

※移動先の電子書籍ストア「まんが王国」にて取扱い、試し読み可能。作品が見つからない場合はストア内の検索窓に「生者の行進」と入力して絞り込み検索をすると素早く作品を表示してくれます。

ページの先頭へ