親友は悪女 6巻ネタバレ

親友は悪女

和田依子先生が描く漫画「親友は悪女」最新刊となる第6巻。前巻で突如、真奈や東雲、そして橋井が勤める会社に派遣社員として入社してきた姫乃。

真奈と代役として現れた彼女ですが、どういったコネで入社してきたのか…そして悪女の真意は一体なんなのか…。第6巻ではその辺りの事が明かされていきます。

陰湿な手でどうにかして東雲と真奈を破局させて、東雲を奪おうとしていく姫乃。彼女の策略は上手くいくのか…。それとも本性がバレて悪女が叩き潰されていくのか…。

6巻の終盤を読む限り、真奈が劣勢。姫乃の魔の手に窮地に立たされていきます。

ネタバレ前に試し読みしたい方は以下から
▼▼▼▼▼

⇒漫画「親友は悪女」はコチラで無料試し読みできます!

男性社員を翻弄していく悪女…!?

派遣社員として入社してきた事に驚きを隠せない真奈、東雲、橋井の3人。この中で元彼である橋井は姫乃を呼び出して事情を聞いていきます。

何故、会社に入社して、しかも同じ部署なのか…。
姫乃は気分を変えたくて面接したら「たまたま」同じ部署になった…と橋井に明かしていきます。同時に女の涙を見せて、これ以上追求されないように上手く逃げていく姫乃。

その後、真奈から引き継ぎを行っていきます。突然、姫乃が入社してきた事で不安だった真奈ですが、入社は偶然で彼女に策略はないと断定。少し安心感を覚えていきます。

しかし、彼女の本性を知る本田。
真奈を呼び止めて忠告をしていきます。お人好しもいい加減にしないと痛い目みるし、一生エサにされるよ…忠告を受けた真奈は姫乃の入社に口利き役がいたと考えるように…。

そんな事を考えつつ、部署に戻ると姫乃が男性社員にお茶出し。

しかし、真奈の勤める会社はお茶出しNG。人事研修の時にも教育されているはずでした。規定に反向ている姫乃の行動を注意していく真奈。

注意された後、デスクに戻った姫乃はいきなり泣き出して、男性社員の同情を誘っていく事へ。健気を装う姫乃に心奪われていくちょろい男性社員達…。

悪女入社の口利き役は人事部長!?

一方、外回りしていた東雲と橋井。
仕事も終わって二人で飲み屋へ。ここで東雲は橋井に姫乃の入社は橋井の口利きなのか?と訪ねていきます。

しかし、交際も破局して口利きも否定していく橋井。

東雲との食事も終えた橋井。
東雲の言う通り、確かに姫乃の入社は出来すぎていると勘ぐっていきます。

そして姫乃が入社した裏事情が判明していく事へ。彼女は人事部長である前川と大学時代からの知り合い。そのコネを利用して入社してきていたのです。

また東雲と真奈の交際は順調。
真奈は姫乃が何をしてきても東雲を信じる、信じられる人間になる事を決意していきます。

悪女の反撃開始…!?

翌日、人事部の島田を訪ねていく姫乃。彼女はここで真奈に関するデマ情報を島田に流していきます。

島田にデマ情報を流した訳は人事部長の前川から島田の人間性を聞いていたから。

彼女は噂好きの口が軽い女性。
彼女に噂を流せば会社内に拡散できると判断したからです。

真奈は男癖が悪く、好みの男性は凄く贔屓する卑しい女であると島田にデマ情報を流していく姫乃。

デマは直ぐに拡散。
そして真奈の部署異動日。新しい部署に訪れると冷ややかな目線で見つめられる真奈。変な空気感である事を察知した真奈。

そして教育係の渋沢が挨拶と同時に嫌味な言葉を投げかけてきます。

自分の知らない所で何かが起こっている…そう察知して困惑していく真奈。ここで第6巻は終了となります。

親友は悪女 6巻の感想

親友は悪女

本当に嫌味な女である姫乃。
ある意味、ここまで友人の好きな男を奪おうとする執念が逆に凄いと感じていきます。この力を別の分野に活かせば大成するのではなかろうかと…(笑)

再び姫乃に追い詰められてしまう真奈。

悪女の本性を暴き、姫乃の鼻を折る事は出来るのか…。お人好し過ぎるヒロインですが、姫乃に対しては心を鬼にしてこれから接して欲しいと応援してしまいます!

非常に感情が揺さぶられる面白い作品です。興味が出た人は是非、チェックしてみて下さい☆彡

この漫画は以下で無料試し読みが可能!
▼▼▼▼▼

⇒漫画「親友は悪女」はコチラで無料試し読みできます!

ページの先頭へ