SNSに惑う女たち ネタバレ

SNSに惑う女たち

SNSに蔓延るヤバイ女の生態を描く漫画「SNSに○○女たち」シリーズ第9弾となる最新刊が登場。その名も「SNSに惑う女たち」です。

今回は著者に縛先生、廻先生、かみきわか先生を招いて一人が各1エピソードを担当。三者三様のSNS関連のトラブルネタで楽しませてくれる内容に仕上がっています。

今回収録されているエピソードは以下の通り。

  • サバサバだから許してね♡ / 縛
  • 私、かわいそう / 廻
  • あなたのために言ってるの / かみきわか

あなたの身近にいるかもしれないSNSモンスターの生態が明かされる注目作!興味が出た人は是非、チェックしてみてくださいね。

ネタバレ前に試し読みしたい方は以下から
▼▼▼▼▼

⇒漫画「SNSに惑う女たち」はコチラで無料試し読みできます!

※移動先の電子書籍ストア「BookLive!」にて取扱い、試し読み可能。作品が見つからない場合はストア内の検索窓に「SNSに惑う女たち」と入力して絞り込み検索をすると素早く作品を表示してくれます。

SNSに惑う女たち

サバサバだから許してね【ネタバレ】

縛先生が描くエピソード。
自称サバサバ女子・マキの転落が描かれていきます。同僚が主催した合コンに半ば無理やり参加していくマキ。

しかし、男性陣の前で付き合いで参加した。自分はサバサバ女子だからとどこか上から目線で物事を語っていくマキ。同僚達もそんな彼女には白い目線を送っていく。

合コンがスタートするとミナトといった男性からアプローチを受けるマキ。彼女もまたミナトに少しだけ興味を持っていく。またカシスオレンジを頼んだ同僚を「女子力が高い」と皮肉っているのか…持ち上げていくマキ。

マキからカシオレ=女子力高いといった訳のわからない持ち上げ方をされてしょげる同僚のユイ。男性陣の一人であるマナブがそんなユイをフォローしていく。

ユイとマナブで良い感じになるが、それが気に食わなかったのか…トイレにて「マナブって男はいちばんなくない?」などと嫌味たっぷりの言葉を平気で吐き出していくマキ。

ユイはそんなマキに苛立ちを覚えていく。
そして合コンはお開き。二次会はなかったがミナトから連絡先の交換を迫られるマキ。交換して後日、二人はデートをする事へ。

デート当日、いつにも増して気合の入ったファッションで登場するマキ。それを見て少し引き気味になるミナト。そして彼がマキを連れて行ったお店はこじんまりとしている居酒屋であった。

初デートで居酒屋はないわ〜と内心で考えるマキ。

彼女は不甲斐ないデートプランを考えていたミナトに説教をしていく。

『初デートでこんな安っぽい居酒屋連れて来るってどうかしてるでしょ』

『私の格好見てわかんない?』

くどくど文句を垂れるマキに怒りを露わにしていくミナト…『うるせえよ』と一言。そして3,000円だけ置いて飲み食いもせずに帰っていく。

普段から人を見下していたマキ。
ミナトに言われて屈辱を感じていく。その怒りをSNSに投稿。さらに怒りが収まらないマキは合コンを主催したユイにも文句を告げていく。

『今回の合コンセッティングしたのユイだったよね…もう今度からあんなハズレ連れてこないくれる?こっちが迷惑するから』

さすがのユイも怒っていく。
そもそも合コンに勝手について来たのはマキである。さらにいつも上から目線の言葉、態度は周りの男女を不快にさせていると明かしていくマキ。

『あんたのはサバサバじゃなくてただの無神経!』

『こっちだってあんたみないハズレは二度と連れてかないから!』

いきなり泣き出していくマキ。
呆れかえる同僚。社内の女子グループでマキの居場所はなくなっていく。その後の彼女は中年サラリーマンの輪の中に入って楽しそうに談話していく。

『妥協に次ぐ妥協…でもこの際、構わない…だって私、細かい事は気にしないたちなの』

そんな彼女の心境が明かされて幕引きとなります。

私、かわいそう【ネタバレ】

廻先生が描くエピソード。
高校時代の仲良しメンバー4人の人間ドラマが描かれていく。雫、麻里、アヤ、有衣子の4人は高校からの仲良しで社会人になった後も時間が合えば女子会を開いて集まっていた。

しかし、有衣子だけは常にネガティブオーラを放っており、社会人になってからより一層「自分かわいそう」といったオーラを強く放っていく。

そんな彼女を少しでも明るく元気付けようとしていく雫達であったが拗れ過ぎている有衣子の性格はまったく治る気配がなし。

そんな中、麻里とアヤの有衣子に対する怒りが爆発していく。自分だけ不幸を気取っていて気に食わない。ムカついてまで有衣子と何故、友達をしているんだろうと疑問に思っていく。

これには雫も返す返事が見つからないでいた。

遅れてやってきた有衣子。雰囲気が悪く苛立ちが募っていく。そして「私、かわいそう」と呟く彼女。ある計画を企てていく。

それは財布を無くしたと偽って女子会の会計から逃げる事であった。駅に落としたと語る有衣子。他3人は駅に行って探して来なよと優しさを見せていく。

そして有衣子が納得して駅に向かおうとする中、雫は有衣子の洋服のポケットに財布らしき物体があるところを見てしまう。そして財布を取り出してニヤけている場面を見てしまった雫。

後日、有衣子のことが気になっていたが、アメリカ勤務に持っていくものの仕分けで大忙しであった雫。

そんな時、有衣子からメッセージ。
いらない家電などあるなら貰いたいといった内容であった。アメリカには持っていけないので譲る旨を伝えていく雫。しかし、徐々に有衣子の要求はエスカレートしていく。

家電の写真、さらに寸法をしっかりと測って教えて欲しいと伝えてくる有衣子。最終的には指定した住所に家電を送り届けて欲しいとお願いしてくるまでに…。

雫、麻里、アヤは集合して有衣子がヤバイ事を相談していく。

3人とも有衣子に物をたかられていたのだ。調べていくと彼女は貰い物をフリマアプリに出品。お小遣い稼ぎをしていた。

遅れて有衣子がやってきて、フリマアプリの事を問いただしていく3人。しかし、有衣子は開き直っていく。

『私をかわいそうって見下す事で自分達が幸せだって優越感に浸ってるんでしょ…かわいそう代くらいくれたっていいよね?』

彼女に手の施しようなないと感じた麻里、アヤは友達の縁を切る事へ。最後になんとかして有衣子の心を入れ替えたかった雫。

彼女に忠告とアドバイスをしていく。

しかし、有衣子の心に変化が訪れる事はなく、嫌味を言われる始末。雫も遂に有衣子を見限る事へ。

その後、雫達は3人で女子会を開いて人生を謳歌。有衣子は相変わらず自分だけが不幸だと思い込んでいく。

あなたのために言ってるの【ネタバレ】

かみきわか先生が描くエピソード。
ヒロインであるアユミはゆるく楽しんでSNS投稿をしていたが、会社の先輩である佐藤から同じSNSをやっていると絡まれていく。

これがアユミの運の尽きであった。

佐藤は「あなたのため」と称してSNSのやり方やら…生活にまで口を挟んでくるようになっていく。

アユミよりフォロワーが多いとマウント。そしてドヤ顔。佐藤に付き纏われるようになり精神的にも肉体的にも疲れを感じていくアユミ。

やがて佐藤の影響は仕事にも支障を来たすレベルでやってくる。ミスを連発して上司からお叱りをくらうアユミ。

そんな彼をフォローしてくれるのが同僚の河村くんであった。

上司の注意を気にするな…皆、佐藤に絡まれて疲れている事を知っていると伝えていく河村。そして無理にSNSするのをやめれば良いとアドバイス。

そんなやり取りを影に隠れて聞いていたのが佐藤だった。

『あなたのためを思って言ってあげたのに…私の方が人気なんだから言うこと聞きなさいよ!』

その後、佐藤はアユミに嫌味を伝えていく。

彼女の嫌がらせに腹を立てていくのが河村であった。アユミをフォローして正論で佐藤を叩き潰していく河村。同時にアユミ自身も「もう迷惑です」とハッキリと佐藤に気持ちを伝えていく。

その後、勤務態度の悪かった佐藤は部署異動。アユミ達には異動後の佐藤の噂を耳にしていく。今までと変わりない佐藤。

彼女は別部署でも誰かと繋がってマウントを取ろうとしていく。

SNSに惑う女たち 感想

SNSに惑う女たち

今回も安定したSNSエピソードが描かれていく。恐らくSNSをやっている人、または周りがSNSをヤッているのであれば、かなり共感度が高かったり、わかる一面が多いはず。

SNSでヤバイ投稿をしている女達の実態が垣間見れる作品。

個人的にSNS漫画の中で一番おもしろいシリーズなので興味が出た人は是非、チェックして欲しい漫画です☆彡

この漫画は以下で無料試し読みが可能!
▼▼▼▼▼

⇒漫画「SNSに惑う女たち」はコチラで無料試し読みできます!

※移動先の電子書籍ストア「BookLive!」にて取扱い、試し読み可能。作品が見つからない場合はストア内の検索窓に「SNSに惑う女たち」と入力して絞り込み検索をすると素早く作品を表示してくれます。

ページの先頭へ