裏アカ破滅記念日 12巻ネタバレ

裏アカ破滅記念日(12巻)

桜井美也先生の漫画「裏アカ破滅記念日」マイクロ版12巻が登場。今回は1冊1話完結の内容となっています。彼氏に理不尽な別れ方をされ、それでも繋がっていたい女子大生の執念が描かれる内容。

登場人物はヒロインの麻美(あさみ)。そして初彼となる晃太(こうた)の二人がメインで物語が展開されていきます。処女大好きの変態クズ男であった晃太。交際2ヶ月で初Hも終わると、あっさりと捨てられる事になる麻美。

しかし、彼が忘れられない麻美はあの手、この手で何とか晃太と繋がりを保とうと執念の粘着女へと変貌を遂げていきます!

ネタバレ前に試し読みしたい方は以下から
▼▼▼▼▼

⇒漫画「裏アカ破滅記念日 12巻」はコチラで無料試し読みできます!

裏アカで忘れられない初彼と繋がっていく!?

麻美の初彼である晃太。交際は順調で2ヶ月になって二人は初Hして愛情を深めていきます。麻美は晃太との思い出や出来事は全てSNSに投稿。忘れないようにしていきますが、これが仇となって帰ってきます。

SNSに何でも書き込む女は無理と言われて突如、別れを告げられる事になる麻美。あまりのショックで落ち込んでいきます。

そして晃太。
実は彼…処女を喰うことを趣味としているクズ男だったのです。処女を奪ってしまえば用済みで後は別れるだけ。そんな彼は麻美と別れた後、新しいSNSアカウントを作成。新たな処女を求めて遊ぼうとしていきます。

晃太の裏の顔を知らない麻美…。
まだ話し合って復縁できるかもしれないと必死で彼を辿っていきます。晃太の友人のSNSをチェックして新しい晃太のSNSアカウントを発見する麻美。

素性がバレないように麻美は裏アカを利用して晃太の新しいSNSと繋がりを持っていく事へ。

裏アカでの監視がバレて修羅場へ…!?

一方のリアルでは晃太が部屋に忘れていった洋服をバイト先まで届けていく麻美。一方的に別れたのに再び目の前に現れた事で困惑の表情を見せる晃太でしたが、取り敢えずは届けてくれた洋服を受け取る事へ。

その後は裏アカで素性を伏せたまま晃太とやり取りをしていく麻美。

仲良くなっていき、いつしか飲み会に誘われるまでの関係へ。この飲み会にて自分の裏アカ『AMI』は自身である事を暴露しようとしていく麻美。

そして飲み会の席にて素性を暴露すると晃太は怒りを露わにしていきます。裏アカを使ってずっと監視していたのか…。麻美に怒りと恐怖を押し寄せていく晃太。

ここで彼はきっぱりと気持ちがない事を伝えて麻美も拒絶していく事へ。はっきりと無理だと伝えられた麻美…。ここでもショックを受け、飲み会の席を後にしていきます。

粘着女の奥の手でクズ男をロックオン!

その後、麻美から音沙汰はなかったものの、何か企んでいるのではないかと不安になっていく晃太。彼女の動向を探るために裏アカをチェックしていきます。

すると新しい男との情熱的な内容を投稿していたのです。

これを見た晃太はようやく麻美と完全に切れた事を感じて興奮。彼女の粘着から介抱され安堵を浮かべていきます。同時期、実家の父親から大事な話があると呼び出されていく晃太。

独り身である父親のもとを尋ねると驚愕。
父親の彼女だと紹介された女が麻美だったのです。SNSに投稿された情熱的内容は全て父親との事だと察知した晃太…。吐き気を催していきます。

『よろしくね』

粘着女の執念から逃れられない事を知った晃太は恐怖で震え上がる事へ。最後は麻美の裏アカの投稿…『結婚しようって言われた♡』父親との再婚が示唆されて幕を閉じていきます。

裏アカ破滅記念日 12巻の感想

裏アカ破滅記念日(12巻)

メンヘラ粘着体質の女性にロックオンされてしまった晃太。彼も処女喰いなどと称して遊び歩いているのも悪いですが、まさか父親と繋がって息子と繋がろうとする執念には読んでいて恐怖を感じました。

麻美のような女性がリアルでもいたら失禁ものです(笑)

ホラー漫画ではないけど体の震え上がる恐怖が描かれていく12巻。興味が出た人は是非、チェックしてみて下さいね☆彡

この漫画は以下で無料試し読みが可能!
▼▼▼▼▼

⇒漫画「裏アカ破滅記念日 12巻」はコチラで無料試し読みできます!

ページの先頭へ