地味女とヲタ男の恋 ネタバレ

地味女とヲタ男の恋

漫画「地味女とヲタ男の恋」は飯田晴子先生が描く新作ヒューマンドラマ&ラブストーリー漫画。

注目の第1話では地味女とヲタ男の出会いが描かれていきます。同時にオタク気質な二人の恋を邪魔しようとするムカつく女も登場。

のほほん系の恋物語かと思いきや、波乱に満ちた展開になっていきそうな予感も感じ取れる内容に仕上がっています。興味が出た人は是非☆

ネタバレ前に試し読みしたい方は以下から
▼▼▼▼▼

⇒漫画「地味女とヲタ男の恋」はコチラで無料試し読みできます!

※移動先の電子書籍ストア「BookLive!」にて取扱い、試し読み可能。作品が見つからない場合はストア内の検索窓に「地味女とヲタ男の恋」と入力して絞り込み検索をすると素早く作品を表示してくれます。

地味女とヲタ男の恋

地味女とヲタ男の出会い

ある居酒屋を貸し切りで会社の親睦会。周りが盛り上がりを見せる中、ポツンとただ一人椅子に腰掛けているのがこの漫画のヒロインとなる仁美こと通称「モブ美」である。

冒頭は仁美の身の上話が明かされる。
彼女は大手玩具メーカーの広報部。ちなみに年齢=彼氏いない歴である。色恋にまったく興味がない訳ではないが…そういう事である。

親睦会ながらノリは合コンと同じレベル。気まずさと苦手意識を持つ中、仁美の目に止まったの今作のヲタ男となるデビット奥田である。

彼もボッチでテーブルに一人腰をかけていた。そんな中、テーブルのペーパーフキンで何か作っていた奥田。何を作っているのか興味を持ち出した時、ボッチの仁美を心配して開発部の主任エースである池尾免太郎(いけおめんたろう)が話しかけてきてくれる。

会社で1、2を争う人気者に声をかけられて緊張してしまう仁美。

『モブ美~』

いきなり声をかけてくるのが麗華(れいか)といった会社カーストトップに君臨するような派手なキラキラ女子である。

池尾狙いなのか仁美から池尾を引き剥がして接待していく麗華。

再びボッチになった仁美。
奥田の側を通ると驚愕。彼はペーパーフキンで芸術レベルの折り紙を折っていたのだ。あまりの凄さに食いついていく仁美

一方、奥田との会話を見ていた同僚達。二人を煽っていく。麗華だけは何故か仁美を見ながら『ムカつく』とボソッとだけ呟く。

周りから煽られて恥ずかしくなる二人。同時にトイレへ。

戻ってくると貸し切りの居酒屋に人は皆無の状態であった。同僚達は二次会の会場へ。奥田も仁美も二次会に参加せず、帰ろうとしていく。そんな中、奥田のバッグに光るキーボルダーを見て目の色が変わる仁美。

共通の趣味で盛り上がる二人!

奥田は仁美が大好きな合体魔神コダイガーのレアキーホルダーを持っていた。大好きなキャラの事なのでキャラが変わったかのように達者に喋る仁美。

ここで二人は初めて自己紹介。
奥田は自身がハーフである事を明かしてコダイガーを好きになった理由を仁美に語っていきます。

一方の仁美も合体魔神コダイガーの熱が入っていき、熱く語っていく事へ。

『ごめんなさい私また…』

『だってコダイガーで語り合える人なんていないでしょう?』

奥田の前髪から覗く仁美が灰色だったので一瞬ドキッとしてしまう仁美

『あの奥田さん…よかったら駅まで一緒に帰りませんんか?』

知らぬ場所でゲームの対象に!?

一方、二次会会場に移動していた同僚達。

奥手の二人が仲良さそうにしていたので噂話で盛り上がっていく。そんな中、麗華が同僚達に切り出していく。

『ねぇ、みんなゲームしない?あの二人がくっつくか…くっつかないか?』

二人の恋の行く末を賭け事として扱う麗華。ここで第1話は終了。

地味女とヲタ男の恋 感想

地味女とヲタ男の恋

地味女とヲタ男であるが両者共にオタクである。そんな二人を温かく見守ってやれば良いのに、社内のカースト上位風な女が何故か、ヒロインである仁美を目の敵にしている。

一方、ヲタ男になる奥田。
前髪で目が隠れてしまっているが、整えれば実はイケメンではないかといった疑惑が自分の中で浮上した(笑)

まだ第1話で今後どんな恋物語や人間ドラマが展開されていくのか、わかりませんが気になった人は是非、チェックしてみてくださいね☆彡

この漫画は以下で無料試し読みが可能!
▼▼▼▼▼

⇒漫画「地味女とヲタ男の恋」はコチラで無料試し読みできます!

※移動先の電子書籍ストア「BookLive!」にて取扱い、試し読み可能。作品が見つからない場合はストア内の検索窓に「地味女とヲタ男の恋」と入力して絞り込み検索をすると素早く作品を表示してくれます。

ページの先頭へ