カラミざかり ネタバレ

カラミざかり

漫画「カラミざかり」は大人漫画版と青年漫画版あり。本家は大人版で桂あいり先生が描く作品が原作となります。

当サイトで紹介するのは桂あいり先生が描く大人漫画版「カラミざかり」の内容をご紹介。

クラスメイトである男女4人。
高成、貴史、里帆、智乃の4人がメインキャストになっていく。

全フルカラーで1冊分は約90ページ前後。男女の青春、性春が詰まったヤリまくりな物語です!

ネタバレ前に試し読みしたい方は以下から
▼▼▼▼▼

漫画『カラミざかり』はコチラで無料試し読みできます!

貴史宅でオナホの鑑賞会!?

クラスメイトであるアンナといった女子が改装されたラブホの話を自慢気にしていた。そんな女子の下ネタ話に聞き耳を立てていた貴史と高成。

そんな中、貴史がある情報を高成に伝えていく。

「ほれ、このAV女優、飯田に似てね?」

高成は髪型だけだろと言いながら興味津々。すると貴史の背後から智乃が近寄ってくる。そして貴史の見ていたスマホを取り上げていく。

「ね…見てこれ里帆に似てるって」

頬を赤く染める里帆。スマホを取り返す貴史。智乃は貴史達をドスケベだと煽っていく。里帆に対してスケベだと思われたくない高成は貴史に責任をなすりつけていく。

その後、自宅に帰ると貴史から紹介された里帆似のAVを見て自慰行為をしていく高成。一方、里帆も自分似のAV女優が出演している動画を見ながらベッドの上で自慰行為をしていた。

翌日、高成を呼び止めてオナホが遂に届いたと自慢気に話す貴史。智乃、里帆ペアも貴史の話声が聞こえてきて近づいてくる。そして水泳の授業など挟みながら放課後へ。

「あ…そーだ!さっき言ってたヤツ見せてよ…オナホ」

高成と貴史が一緒に帰る中、智乃と里帆が二人を呼び止めてオナホを見せろと貴史に伝えていく。エロ話を憧れの先輩である竹内にも言っちゃうよと脅されて仕方なく女子二人も自宅に招く事へ。

突然始まるオナホの講習会!?

貴史宅は親が仕事で夕方までいなかった。彼の部屋に男女4人が入る。智乃はすぐにオナホを見せて欲しいと懇願。机の引き出しからピンク色をしたオナホを取り出して智乃に渡していく。

「…ね…使ってみてよ」

ムスコが元気にならないと使えないと断る貴史。智乃はだったら元気にすればいいとあっけらかんと伝えていく。

「…まぁお前がオカズになってそんでこれ使ってしごいてくれんならいいけどな」

冗談のつもりで言ってみる貴史。すると智乃はOKサインを出していく。

「オカズってパンツとか見せればいいの?」

智乃はスカートを捲し上げてパンティを貴史に見せていく。貴史も自分のムスコを出す。そして智乃はそそり立つ貴史の股間にオナホを装着していく。

ぎこちないながらもオナホの装着を完了。ぐちゅぐちゅといった音を立てながら智乃がオナホを上下に動かしていく。

「もうちょい強く握って…うぁ…気持ちいい…ムネさわっていい?」

貴史の要求を受け入れる智乃。
智乃の上下運動が激しくなっていく。貴史も強く智乃の胸を揉んでいく。吐息が漏れる智乃。貴史の指は次第に彼女の乳首をコリコリとしてく。

「…あ…あ…いく…うっあ…ヤベーちょーきもちいー」

オナホの中でフィニッシュする貴史。そしてヌルヌルしている貴史の股間を智乃は突然咥えてお掃除○ラ。

「へへ…きれーにしてやったぞ」

友人の部屋で始まる乱交パーティー!?

我慢できなくなった貴史。
智乃をそのままベッドに押し倒してキス。両者共に股間をまさぐっていく。

いきなり目の前でセ○クスが始まって困惑する高成と里帆。

「あたし…初めてだから…ゆっくり…」

「お…俺も…初めて…」

高成と里帆が見る中で初体験を済ませていく貴史と智乃。見ている高成の股間は膨れあがっており、里帆も股間に手を置いて身体が疼いていた。

貴史のピストン運動も激しくなってフィニッシュ。ベッドで余韻に浸る二人。顔を上げると高成と里帆がじっと見つめていた。

「お…お前らも来いって!」

貴史は二人の手を引っ張りベッドの上へ。貴史は里帆を抱きしめて首筋を愛撫していく。智乃は高成を抱き寄せてキス。

「キス…新山と…これがキス…くちびる…柔らか…」

横を見遣ると貴史と里帆もベロチューしていて、胸を揉みまくっている貴史。一方、高成達はベッドの上から置いて床へ。

智乃の裸を見て緊張する高成。

「うっわ!飯田のマ○コちょー濡れてる」

貴史の部屋にはくちゅくちゅといったイヤラシイ音が響いていく。一方、高成をリードしていく智乃。自らキスして高成に胸を揉ませていく。そのままズボンを下ろして高成の股間を咥えこんでいく智乃

初フェ○に快感を覚える中、背後では貴史が里帆に挿入を試みていた。

「お…おいっそれはダメだろ…貴史と飯田がセ○クスって…」

押し込んでいく貴史。そのまま里帆と合体。その様子を見てさらにギンギンになっていく高成。

「てか山岸…さっきよりギンギンなんだけど」

じっと里帆の姿を見ている高成に気付く智乃。

ズプズプ!ギシギシ!じゅぽじゅぽ!
貴史の部屋に様々なイヤラシイ音が鳴り響く。そのまま貴史、高成ともにフィニッシュ。

同時に貴史の母親が帰宅してくる。
智乃、里帆、高成はどの段階で帰宅していく事へ。

「うまく歩けない…ね…里帆」

分かれ道にて高成がお別れ。離れていく里帆の生足をじっと見つめていく高成であった。ここで第1巻は終了。

カラミざかり 感想

カラミざかり

好意を抱く女性が目の前で友人にヤラれてしまう高成。そのなんとも言えない歯痒さだったりが伝わってくる作品である。

序盤は青春漫画のようにも見えるが次第に大人漫画の特徴が描かれていく作品である。

ちなみにカラミざかりは全5巻で完結となる。2巻では前編と後編。3巻でも前編と後編で分かれており、この男女4人の人間模様、恋模様、性事情が赤裸々に描かれていく。

巻が進むごと、まさにカラミざかりといった状態になっていく。性に深く溺れる高校生達が描かれる名作である!

この漫画は以下で無料試し読みが可能!
▼▼▼▼▼

漫画『カラミざかり』はコチラで無料試し読みできます!

※移動先の電子書籍ストア「BookLive!」にて先行配信取扱い、試し読み可能。作品が見つからない場合はストア内の検索窓に「カラミざかり」と入力して絞り込み検索をすると素早く作品を表示してくれます。

\\ 次巻へ //
カラミざかり【2巻前編ネタバレ】性が開放!ヤリまくりな日々へ!?

ページの先頭へ