サイソウフレンズ 7話〜8話ネタバレ

サイソウフレンズ

江唯みじ子先生が描くタイムリープ×サスペンスを題材にした人気漫画「サイソウフレンズ」最新話となる第7話〜8話の内容をご紹介。

7話では元の時代に戻った薊が過去の影響によって未来が変わる確信を得ていく状況が描かれていきます。8話ではベールに包まれていた自由太と黒井雪の関係性が明らかになる一幕が描かれていきます。

世紀の嫌われ者であると判明した薊は自身の過去を変えて、未来を変える事が出来るのか…。そして前回から判明した黒井雪の命を狙う犯人の真相を突き止める事が出来るのか…。

⇒漫画「サイソウフレンズ」5話〜6話ネタバレ!転生した人物に忍び寄る不穏な影!?

とにかく面白い漫画なので興味が出た人は買って損しないお勧めの作品です☆彡

ネタバレ前に試し読みしたい方は以下から
▼▼▼▼▼

⇒漫画「サイソウフレンズ」はコチラで無料試し読みできます!

※移動先の電子書籍ストア「BookLive!」にて取扱い、試し読み可能。作品が見つからない場合はストア内の検索窓に「サイソウフレンズ」と入力して絞り込み検索をすると素早く作品を表示してくれます。

サイソウフレンズ

7話ネタバレ

6話の終盤で何者かに階段から突き飛ばされた薊。転げ落ちてそのまま意識を失っていくと意識は元の時代(現代)の自分自身の体へと戻っていきます。

突き飛ばされた事に恐怖を感じつつも「今必要なことをやる」そう決意した薊は同級会が開かれている居酒屋へ再び舞い戻っていきます。

居酒屋に戻ると仰天…。
ノリコが妊娠している状態だったのです。さらに水をぶっかけてきた相手もノリコでは無くなっている状況。

隠れてノリコの様子を見ていましたがバレてしまって…薊がまた戻ってきたと同級生達は大騒ぎ。ここでタイムリープ前と現在では色々と状況が変化している事がわかってきます。

ただ、自分が嫌われており、黒井雪を殺した張本人であるバッシングされる部分は変わらず。そこで薊は過去で黒井に転生して自分が体験した事から気になるポイントを同級生達に問いただしていきます。

『黒井の頭に陶器の鉢や階段から突き飛ばした犯人は挙手して!』

『黒井は自殺じゃなかったのかもよ』

唖然とする同級生達。
ソース元を出せと言われても自分自身だとしか言いようがない薊。信じてもらう事は出来ず…。

しかし、彼女の中で過去を変えれば未来が変わる事の確信を得たので過去に戻って真相を突き止めて再び現代に戻ってくる事を約束。

すると薊の意識は再び過去へ戻っていきます。もちろん心は黒井雪の体へ転生。

意識が戻ると自身の体を心配する幽霊化した黒井雪本人。そして自由太が姿を現してきます。階段から落ちて怪我をしている黒井雪の体を見て心配する自由太。

しかし、幽体化した雪は薊に耳元で呟きます。

『お願い(自由太に)こう言って』

雪から言伝を得る薊。
彼女に言われた通り、対応をしていきます。

『ほっといて、大丈夫だから構わないで』

自由太に対する複雑な雪の想いに触れていく薊。また雪は薊の不注意で階段から落ちたと思っていましたが、薊は誰かに突き飛ばされた事を明かしていきます。

雪自身も驚くような表情。
そして背後に人の気配を感じた薊。現れたのは自由太でした。

『…ほっといてなんて言うな…ほっとけるわけないじゃん』

今まで見たことのない自由太の表情にも触れていく薊。雪と自由太の関係が気になりだしていきます。一方、高校時代の薊はチビデブ時代の写真がバラ撒かれた事で怒り最高潮。

友人のある一言で犯人は黒井雪だと判断していきます。復讐心を燃やしていく高校時代の薊。

8話ネタバレ

黒井雪の体に転生して元に戻らない薊。ひとまず雪の自宅に帰って寝泊まりをする事へ。一方、8話では自由太がクローズアップされていきます。

彼は黒井雪との出会い、そして想いを振り返っていく事へ。

自由太は山奥の病院へバスでお見舞いへ向かいます。同じバスに乗って帰宅していくのが黒井雪でした。

あまりの山道で車酔いしていく自由太。
そんな彼をそっと手助けしてくれたのが黒井雪。そして2人の関係性がここから少しずつ深まっていきます。

学校でまったく会話をしない2人ですが、バスの中でだけ親交を深めていく事へ。

普段は可愛いキャラを演じて学校での人気を獲得している自由太でしたが、雪の前ではキャラを演じずに素が出てしまう事に気づいていきます。

そして黒井の優しさや人間性に惹かれるようになっていく自由太。

その後もバスの中で親交を深めていく2人でしたが、自由太が打ち明けていきます。『もうすぐこのバスに乗らなくなると思う…』お見舞いしている人が退院すると思って良かったねと声をかける雪。しかし、どこか寂しげな表情を浮かべていきます。

そんな翌日。
黒井雪は自由太が忌引で欠席する事を知ります。自由太は山奥の病院へ母親のお見舞いへ毎週行っていたのです。

学校へ戻ってきた自由太は今まで同じく周りに笑顔を振りまいていきます。そして最後に病院への用事があるといって同じにバスに乗り込む2人。

気を張っている自由太の気持ちがわかる雪。そっと彼の隣に移動して肩を貸していきます。そして彼女の肩で涙が止まらない自由太。

自由太はこの時、これから黒井と何かが始まっていく事を予感していました。しかし、現実は『あなたはもう友達じゃない』と突き放されていく運命になる自由太。

場面は黒井雪の中にいる薊。
物静かな雪とは対照的な両親に驚きを隠せず…。同時に雪の両親に対する言い方にどこか違和感を覚えていく事へ。

そんな中、ノリコや自由太は高校時代の薊からあるメッセージを受け取っていきます。その内容に驚きを隠せないノリコ、自由太

ここで第8話は終了。9話は続いていきます。

サイソウフレンズ 7話〜8話の感想

サイソウフレンズ

今後は高校時代の薊による嫌がらせが激化しそう雰囲気。また黒井雪が自由太を突き放した理由は一体何なのでしょうかね。

過去の影響によって未来も変わる事は判明しましたが、この現象は吉と出るのか…凶と出るのか…。

先行き不明な展開…さらにそれぞれが抱える心情、想いも非常に面白い作品。興味が出た人は是非、チェックしてみてくださいね☆彡

この漫画は以下で無料試し読みが可能!
▼▼▼▼▼

⇒漫画「サイソウフレンズ」はコチラで無料試し読みできます!

※移動先の電子書籍ストア「BookLive!」にて取扱い、試し読み可能。作品が見つからない場合はストア内の検索窓に「サイソウフレンズ」と入力して絞り込み検索をすると素早く作品を表示してくれます。

ページの先頭へ