サイソウフレンズ 15話ネタバレ

サイソウフレンズ

サイソウフレンズ・マイクロ版15話の内容をご紹介。14話では何者かに命を狙われた黒井の中にいる未来の薊。

15話ではその犯人探しをする過程でノリコに窮地が訪れていきます。

今回は主にノリコにスポットライトが当たる形で彼女の成長が見て取れる内容。終盤に反旗を翻すノリコの行動は痛快なので必見ですよ!

ネタバレ前に試し読みしたい方は以下から
▼▼▼▼▼

⇒漫画「サイソウフレンズ」はコチラで無料試し読みできます!

ノリコに犯人探しの協力を要請!

ノリコの思考が明かされていく。
多くの人間が大体の物事の正解を知っているが、学校では不正解を選ばないと生きていけない場所であるとノリコは感じていく。

場面転換。
黒井雪(中身は未来の薊)と合流して何者かに殺されかけた事を知らされるノリコ。

未来の薊は犯人に爪で傷跡を付けた事を報告。そしてノリコにクラスの女子に限定して爪痕のある奴を上手く探して欲しいと頼み込んでいく。

『なんでクラスの女子だけー?怪しい子がいるとか?』

手短な所から探すだけと伝える黒井。同時にノリコは最も怪しいのは薊ではないかと憶測を語っていく。どこか物悲しげな表情を見せる黒井。それに勘付いたノリコが明るく振る舞っていく。

そしてどうやって爪痕の確認していくか実戦形式で黒井に試していく。彼女の元気に癒やされて笑顔が戻っていく黒井。そして二人の仲良い様子を影で見遣る人物が現れる。

普段、頼られる事の少ないノリコ。ちょっとワクワクしながら気合を入れて犯人探しをスタートしていく。そんな中、高校時代の薊に黒井とノリコの関係を告げる人物が現れていく。ちなみに正体は伏せたままである。

嘘つき呼ばわり…ノリコが窮地へ!?

残りは薊直属メンバーのみ。
するとタイミング良く階段の踊り場で薊達が集合をしていた。薊がこちらを見遣る顔に一瞬だが背筋がゾクッとするノリコ。

『ノリコッ…どこ行ってたの?』

気のせいだと感じて彼氏と通話をしていたと嘘をつくノリコ。さらに上手い具合に爪痕をチェックできる流れになっていくので切り出していく。

薊の腕を確認しようと接近するノリコ。すると薊に腕を掴まれて耳元で囁かれていく。

『うそつき』

薊はタレコミで知っていた。
ノリコが昼休みに黒井と仲良くしている事を…。さらに腕に傷ある奴を探している事も知っていた薊。威圧されて何も言い出せなくなってしまうノリコ。

場面転換。
6時間もサボる黒井。そこへノリコが訪れる。彼女は例の鼻クソ動画をもう削除して欲しいと懇願。幽体化している黒井本人にも言われたので削除する事へ。

と言うよりもバッグを落とされた反動でスマホは壊れてしまっており中のデータにアクセスできない状態であった。ホッと安堵して立ち去っていくノリコ。

高校時代の自分の悪意が向けられていく

立ち去る前に何故、立ち向かうのか尋ねるノリコ。それはノリコ自身がよく知っているはずだと切り返す黒井。ノリコは挫折しても諦めなかった時を思い出す。

『でも、もう今はこれっぽっちも自信ないよ…だって私は薊の言う通りバカだから…』

そんな彼女に黒井はノリコの明るさが有り難い事を告げる。そしてバカにされるような人間じゃない事を伝えていく。

ノリコと薊の背景が明かされる。
階段の踊り場で問い詰められていくノリコ。彼女は黒井に盗撮された動画で脅されていると薊に語っていく。

事情を知った薊。
自分が黒井との問題を片付けてあげるから、放課後に黒井を公園に連れてくるように指示をされる。

言う通りにしなきゃ自分がヤバイ…そして放課後…ノリコは犯人探しの近況を公園で話すと言って、黒井を上手く公園に誘導する事に成功する。

バツの悪そうな顔で黒井を裏切るノリコ。
そして薊の怒りが黒井に向けられていく。

『ノリコもバカだよね…黒井なんかに弱み握られて…あっ違うか…バカだから狙われたのか…』

ノリコへの皮肉たっぷりな言葉も混ぜながら薊は地面の砂利や土を手にとって黒井の口へと運んでいく。

同じ事をノリコにやらせようとする薊。
黒井はノリコの弱い部分に対して喝を入れていく。言う為れば長いものに巻かれて逃げようとしていると…。

黒井の言葉に感化されていくノリコ。一度、黒井に掴みかかるが振り返って薊の方を向く。

そして手に持っていた砂利土を薊に投げつけていくのだ。

『もう従わない…だって私はバカじゃないもん…バカにすんな、この巨大カマキリ!』

もみ合う二人。
カオス状態である。そして地面に仰向けとなって空を眺めるノリコ。そんな彼女に手を差し出していく黒井。

ノリコは薊グループを脱却。
黒井との泥だらけになるかもしれない青春を選んでいく。ここで第15話は終了。

サイソウフレンズ 15話の感想

サイソウフレンズ

ノリコが完全に薊グループを脱退する行動に出て行く。彼女の薊に溜まっていた鬱憤を晴らす場面は本当に痛快であった。何度見ても心躍ると言うか、よくやったノリコ!と称賛したくなる場面である。

そして黒井雪の命を狙う犯人は未だわからず。現状だと薊直属グループの誰かである事は間違いなくなってきている。

誰が高校時代に黒井雪の命を狙っているのか…そして現代では薊の命を狙おうとしている人物。黒井の死の真相にも少しずつ近づいてきています。興味が出た人は是非、チェックしてみてくださいね!

この漫画は以下で無料試し読みが可能!
▼▼▼▼▼

⇒漫画「サイソウフレンズ」はコチラで無料試し読みできます!

※移動先の電子書籍ストア「BookLive!」にて取扱い、試し読み可能。作品が見つからない場合はストア内の検索窓に「サイソウフレンズ」と入力して絞り込み検索をすると素早く作品を表示してくれます。

サイソウフレンズ【関連記事】

ページの先頭へ